新党憲法9条

憲法9条それは希望

集団的自衛権の次に来るものは何か?/天木直人✕矢部宏治 対談動画part4「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」刊行記念

 

矢部 今日言いたかったのは、集団的自衛権を安倍さんがものすごく強引に通しましたよね。だからまあ安倍さんっていうのは、我々の研究から見ると、それをするミッションを持った首相であった人間で、まあそれはもう一応通ったと。

で、次に起こることは何かっていうとね、これは我々の視点から見ると、見えているのは、全自衛隊の共同使用ということが、これから起こっていく。

で、それはなぜかというと、前は要するに経費を全部日本に払わせて、アメリカはそれを自由に使うだけだっていう風に思ってたんですけれども、米軍は日本の基地を自由に使うだけじゃなくて、実は自衛隊の指揮権も密約で持っているわけですね。

でもその指揮権を持っていたって共同軍事行動をしてないと、それは使い物にならないから、これから日本中の自衛隊の基地が共同使用になって、そこで共同軍事演習が起こっていくという未来がこれから想定されますね。

天木 もう、間違いなくそうなるでしょうね。つまりその基地をね、全部返還すると。それは一見素晴らしいことです。だけど、自衛隊に返還された基地はですね、アメリカが使うわけですから。今までよりもっとひどいことになる。

矢部 それはもう、今富士の演習場ってところでね。ほとんどの方は知らないけど、もう始まってることなんですよね。一回返還したという形を取りながら、それを米軍が使うと。そこで共同軍事行動が進むという方向にどんどんなってきています。

「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」刊行記念対談 天木直人✕矢部宏治

対談動画1:日米関係の研究家 矢部宏治さんの紹介

対談動画2:【論点】アメリカの既得権益と日米合同委員会について

対談動画3:【論点】オスプレイ問題

対談動画4:【論点】集団的自衛権の次に起こることは何か?

対談動画5:【論点】国連は平和を守れるか?

対談動画6:【論点】天皇陛下のメッセージ

対談動画7:【論点】対米従属

対談動画8:【まとめ】私達、日本人はどうすれば良いのか?

対談動画9:【まとめ】新党憲法9条について

著者:矢部宏治(やべ・こうじ)プロフィール

1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。

株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。

著書に累計17万部を突破した『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』

『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(以上、集英社インターナショナル)、

『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること――沖縄・米軍基地観光ガイド』(書籍情報社)など、

共著書に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)。

企画編集に「〈知の再発見〉双書」シリーズ、J.M.ロバーツ著『図説 世界の歴史』(全10巻)、

「〈戦後再発見〉双書」シリーズ(以上、創元社)がある。

『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』(講談社現代新書)

現代ビジネス「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」

天木直人プロフィール

元外務省職員、作家。

京都大学法学部を中退し外務省入省後、豪州日本国大使館公使、レバノン国特命全権大使などを歴任。

イラク戦争当時、ブッシュ米大統領のイラク攻撃を支持した小泉首相に反対し外務省から罷免。

現在は、高級官僚や小泉政権の腐敗ぶりを暴くなど、自由な立場から言論活動を続ける。

著書に『さらば日米同盟! 』(講談社)、『さらば外務省!』(講談社)等。

天木直人 著書

・さらば外務省! ―私は小泉首相と売国官僚を許さない (講談社)

・マンデラの南アフリカ ―アパルトヘイトに挑んだ外交官の手記 (展望社)

・外交力でアメリカを超える ―外交官がたどり着いた結論 (かもがわ出版)

・九条新党宣言 (展望社)

・怒れ、9条! ―憲法9条こそ最強の安全保障政策だ

・イラク派兵を問う (岩波書店)

・ウラ読みニッポン ―新聞ではわからないことがわかる本 (講談社)

・さらば小泉純一郎! (講談社)

・アメリカの不正義 ―レバノンから見たアラブの苦悩 (展望社)

・さらば日米同盟! 平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策 (講談社)

・自立する国家へ! (ベスト新書)

・アマル それは希望 ―七つの愛のアンソロジー (ゆにっとNOVELS)

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook