新党憲法9条

憲法9条それは希望

新党憲法9条の公約

新党憲法9条は、日本国民に希望とやすらぎを与える政治を実現するために、具体的には次の9の公約を掲げるこれまでになかったあたらしい政党である。

1.新党憲法9条は、左右のイデオロギーを超えた一般国民の政党である。

2.新党憲法9条は、憲法9条を日本の国是とし、世界に掲げる政党である。

3.新党憲法9条は、対米従属から自主・自立した日本を取り戻す政党である。

4.新党憲法9条は、核兵器廃絶と脱原発を実現する政党である。

5.新党憲法9条は、その特権を国民に還元する国会議員の政党である。

6.新党憲法9条は、徹底した地方主権を目指す政党である。

7.新党憲法9条は、政権交代よりも政権監視を優先する政党である。

8.新党憲法9条は、徹底した情報公開を求める政党である。

9.その他の公約は、すべて憲法9条の精神から導き出される政党である。


公約の解説はコチラ

天木直人の最新ブログ

日米同盟を宣伝する時だけ姿を見せるハガティ米国大使

日米同盟を宣伝する時だけ姿を見せるハガティ米国大使

1362 views
 大使の重要な任務の一つは、洋の東西を問わず、時代を超えて、駐在国政府との関係だけでなく、その国の各界の要人やその国の国民と親しく交わって、二国間の友好親善関係を推進する事にある。 一部例外を除き、その配慮が全くないのが、日本に駐在する米国...

新党憲法9条に同志が現れました(小林ゆうじ氏)

小林ゆうじ天木直人新党憲法9条栃木県議会

ついに栃木県矢板市の市会議員選挙で、

新党憲法9条に心を震わせて共鳴する候補者(小林ゆうじ氏)が現れました!


あとに続く候補者が全国に出てくるようになれば日本の政治は変わります。


本当の意味で日本に平和で民主的な革命が起こるでしょう。


私はあなただ、あなたは私だです。

小林ゆうじ氏の詳細はこちら

新党憲法9条のすべてを語る

天木塾最新動画

12月15日に開催した天木塾第六回では、元陸上自衛隊レンジャーの井筒高雄さんに「自衛隊から見た安倍政権と野党共闘」をテーマに講演を行って頂きました。

なぜいま新党憲法9条なるものが必要なのか

新党憲法9条とは

今から15年ほど前、レバノンの日本特命全権大使であった私はイラク戦争に反対して外務省を解雇されました。それ以来、外交評論をインタ-ネットを通じて続けています。

私は、既存の政党政治では我々国民の要望を満たす政治を実現することはできない、そう思い至り、全く新しい政党、新党憲法9条を作ることにしました。

なぜ憲法9条なのか

新党の名前を「憲法9条」とした理由は、今こそ憲法9条を世界が最も必要としていて、憲法9条こそ世界が待ち望んでいる政治哲学だからです。

憲法9条を持った日本がそれを国是、即ち国の基本方針として掲げて世界にその存在感を示す。この事を主張するため、私は敢えて新党の名前を「憲法9条」としました。これほど解り易い力強い名前はないと思っています。

新党憲法9条はインタ-ネット政党であり、日常的にインタ-ネットを通じて国民に意見を伝え、政治家になれば内部から見た政治の実情を伝えて、この政党、この政治家なら安心して投票できるという状況を作り、新しい政治を行いたいと思います。

政治の使命

政治の使命は国民の命と暮らしを守る事です。具体的には平和な日本を確保し、国民が経済的に追い込まれない最低限の所得を手にすることのできる国にすることです。

新党憲法9条構想の拡散にご協力ください

新党憲法9条構想を日本全国のひとりでも多くの方に伝えていくためのツールとして、私(新党憲法9条 代表 天木直人)の名刺やリーフレットを自由にダウンロードできるようにしました。

これらのツールを使って、新党憲法9条構想を一緒に広めて、日本を正しい道へと導いていきましょう。

あなたが私。私はあなただ。

ご協力の程、宜しくお願い致します。

新党憲法9条の紹介資料(リーフレット)のダウンロードはこちら

天木直人の名刺のダウンロードはこちら

結党宣言 安倍政権に危機感を抱いている人々へ

 安倍政権に危機感を抱いており、それでも支持する野党がないと感じている皆さん。

「新党憲法9条」を結成した天木直人です。

 憲法9条という党名から、左翼政党と思われる方もいるかと思います。しかし、「新党憲法9条」は右翼、左翼を越えた国民政党です。なぜ「新党憲法9条」という名前にこだわったのか? それは最後に述べさせていただきます。

 安倍首相は2015年4月28日、日本国民にはひと言の説明もなくアメリカの議会で集団的自衛権を認めました。その後のやりたい放題にストップをかけるため野党共闘が模索されましたが、安倍暴政を止めることはできそうにありません。

 民進党は意見がばらばら、共産党も国民政党に変わる気がない。どの野党も本気で国民の方を向いていない。組織防衛と生き残りを優先させています。