新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

アメリカの既得権益と日米合同委員会について/天木直人✕矢部宏治 対談動画part2「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」刊行記念

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 横田空域のこと確かに私の周囲の人は知りません。
    だけど、まったく日米関係について知らない人に知らせるための良い糸口だと思います。

    私が帰省するときに飛行機をつかっていたときの話。飛行機は離陸すると、不合理なルートを飛ぶんです。
    いったん海上に出て、そのあと急上昇するんです。
    これは米軍以外は羽田上空の横田空域を飛べないからそうするのだと思います。
    そして飛行機は空域の上に出て、進路を決める。
    パイロットにしてみれば、不便だし、危険を感じるんじゃないでしょうか。

    飛行機で国内旅行をするなんて珍しいことじゃない。
    離陸のときに飛行機はこう動くんですよ、といえば、自分ごととして思い出す人も少なくないと思います。

    試しに私の友人数人に話してみましたが、驚いていました。

    余談ですが、私の義母(昭和10年代生まれ)は「これからの自衛隊には就職しちゃいけない」と言っています。
    その世代だと相場感があるのかもしれません。

  2. この動画も国民が必視聴です。日本人に知らされてないことがいっぱいあることが分かります。

    新江崎沖縄・北方領土大臣が、日米地位協定の見直しをすべきと述べた。その後は、見直しが改善になったのはなぜ??

    8月9日のグッドモーニングで、この新大臣の話題、しかし識者であるもと外務官僚の人が、すかさずいろんな要望があるのをアメリカにぶつけて二週間ごとに議論して、合意ができてるから事実上変わってきていると、この日米地位協定はNATOや,諸外国に比べて、遜色がないものだから、大臣にもっと勉強してほしいとまくしたてた。

    政府だけでなく、識者が、こんな誤魔化しを言うから、日本人がいつまでも真剣にこの問題に向き合えなかったと思う。この2週間ごとの会議を最小限日米合同委員会構成メンバーなどのこと説明すべきです。米軍からの要望ばかりが目立っ合意内容であることは、最近は多少明らかにしている合意内容要旨で確認できます。

    天木氏と矢部氏の一連の対談を視聴することで理解が進みました。

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook