新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

January, 2017

Month
トランプ旋風と小池新党に完全につぶされた野党共闘

トランプ旋風と小池新党に完全につぶされた野党共闘

  私の予想どおり、いやそれ以上に、野党共闘の気運は小池新党とトランプ大統領の誕生によってすっかりしぼんでしまったと思います。 野党共闘に熱心な人たちは、野党共闘の失敗を新党憲法9条の成功に導くようではうまく行かないと批判しますが...
「狂犬を送り込む」と言ったトランプと、それを黙って聞いた安倍

「狂犬を送り込む」と言ったトランプと、それを黙って聞いた安倍

 きょう1月31日の読売新聞が書いている。 1月28日に行われた日米首脳会談でトランプ大統領が安倍首相にこう語ったと。 「マッドドッグ(狂犬)というあだ名は、戦争で一度も負けた事がないからだ。彼は極めて有能だ」と。 「いち早く日本に送り込む...
トランプ対策に見る無能外務省、独善安倍外交、無責任野党

トランプ対策に見る無能外務省、独善安倍外交、無責任野党

 トランプ大統領の暴走は止まりそうもない。 世界はそれぞれ自国の利益を守るために対応策に動き出した。 日本にとっては、まさに黒船砲艦外交の再来だ。 いまこそ国を挙げて日本の国益を守る対策を政府、国民が一体となって、死に物狂いで考え、実行する...
「これはプーチンの米国分裂という復讐だ」と書いていたブブカ

「これはプーチンの米国分裂という復讐だ」と書いていたブブカ

 白夜書房という出版社から出ている「ブブカ」という月刊誌がある。 数ある大衆雑誌の中でもひときわ過激な雑誌だ。 なぜ私がこの雑誌の事を知っているかと言えば、私が外務省をクビになって間もないころ、その雑誌の駆け出し記者が私に反骨魂を見て、これ...
オバマの真価が問われるのは今だ

オバマの真価が問われるのは今だ

 トランプの入国拒否大統領令が世界の反発を招いている。 それはそうだろう。 滞在許可や就労資格を持っている者まで規制し、家族の再会さえも拒む。 今回の移民入国拒否は、次々と繰り出されるトランプ大統領令の暴政の中でも、最悪のものだ。 そこで思...
新党憲法9条構想の原点はこの緊急提言の中にある

新党憲法9条構想の原点はこの緊急提言の中にある

 古い話で恐縮だが、2016年元旦の各紙はいずれも選挙特集を掲げていた。  今年は選挙の年であり、それを見越した予定稿である。 しかしこの記事ほど空しい記事はない。 安倍政権が勝っても、万が一野党連合が奏功しても、日本は何も変わらず、国民生...
今後の進め方について皆さんの知恵を貸してください

今後の進め方について皆さんの知恵を貸してください

  すでにお伝えしたように、資金的な心配がなくなった事で新党憲法9条構想は実現に大きく近づきました。  もはやできるかできないかではなく、どうしたら最も確実に当選者を出せるかという段階に一気に発展しました。 そこでいまの私の考えをお伝えして...
トランプの米国と日本外交のあるべき姿

トランプの米国と日本外交のあるべき姿

  私は昨年末に、ある組織の機関紙に、トランプ後の国際情勢と日本の取るべき外交というテーマで寄稿を頼まれた。  その要旨はこうだ。 トランプの米国がどのような米国になるか世界が注視している。しかし、それを議論してもあまり意味はない...
スポンサーを見つけました!

スポンサーを見つけました!

新党憲法9条の同志の皆さんに嬉しいニュースをお伝えします。ついにスポンサーを見つける事が出来ました。昨日ある人をたずね、私の思いを熱心に説明した甲斐があって、その考えは自分の考えと同じだ、お前の好きなようにやれ、新党を実現して見せろ、そのた...
新党憲法9条のHPをリニューアルして再開するにあたって

新党憲法9条のHPをリニューアルして再開するにあたって

 しばらく休止していた書き込みを、新党憲法9条のHPをリニューアルした機会に再開します。 そして今後はより頻繁に書き込んでいこうと思っています。 そうすることによって私の新党憲法9条に対する思いと活動状況をより正確に伝えて理解と支持のさらな...