新党憲法9条

憲法9条それは希望

2017

Year
加計学園獣医学部募集の全面広告を掲載した読売新聞

加計学園獣医学部募集の全面広告を掲載した読売新聞

  きょう11月18日の読売新聞を見て驚いた。 加計疑惑の国会追及が予算委員会で始まろうとしているというのに、来年四月開校に向けて11月22日から出願がスタートしますと、一頁の全面広告を掲げているのだ。 読売新聞はどこまで安倍首相を支えるつ...
日米関係の希薄さを象徴するハガティ米駐日大使の露出度の低さ

日米関係の希薄さを象徴するハガティ米駐日大使の露出度の低さ

 ハガティ米駐日大使がきのう17日、都内の日本記者クラブで講演し、先の安倍・トランプ首脳会談で、日米二国間の自由貿易協定(FTA)の話が議論されたとばらした。 首脳会談ではFTAをめぐるやり取りはなかったと説明していた日本政府を真っ向から否...
「中国の圧力で演説が中止」というリークが教えてくれる事

「中国の圧力で演説が中止」というリークが教えてくれる事

 驚いた。 西日本新聞が入手し、それを11月15日の東京新聞が一面でスクープ報道した、高校生の国連軍縮会議演説が核保有国の圧力で中止になった件について、その核保有国が、米国ではなく、中国だったというのだ。 日本政府関係者が16日に明らかにし...
当分は安倍政権で行くしかないだろうと書いた飯島勲

当分は安倍政権で行くしかないだろうと書いた飯島勲

 今日発売の週刊文春(11月23日号)、「飯島勲の激辛インテリジェンス」を読んで、これでは安倍政権はしばらくは安泰だと思った。 小池百合子がみずからの政治生命と引き換えにつぶした民進党が、当分の間立ち直れそうもないからではない。 共産党が「...
砂川事件再審請求訴訟を棄却した高裁判決とメディアの沈黙

砂川事件再審請求訴訟を棄却した高裁判決とメディアの沈黙

 きのう11月15日、東京高裁は砂川事件再審査請求訴訟を棄却する判決を下した。 その直後に開かれた記者会見に原告側の一人(米国極秘文書の原告側翻訳官)として立ち会った私は、真っ先にきょうの各紙がこの東京高裁の棄却判決をどう報じるか、目を凝ら...
高校生演説を潰した米国の圧力を見つけた西日本新聞の大殊勲

高校生演説を潰した米国の圧力を見つけた西日本新聞の大殊勲

 きょう11月15日の東京新聞が一面で大スクープを報じた。 今年8月の国連軍縮会議で、恒例だった高校生平和大使の演説が見送られるという事件があった。 その背後に、やはり米国の圧力があったのだ。 その事を示す外務省の公電を、西日本新聞が見つけ...
手をつけられないほど悪化した日韓関係の前途多難

手をつけられないほど悪化した日韓関係の前途多難

 トランプ大統領のアジア歴訪を境に日韓関係が一気に悪化しつつある。 その理由は、トランプ大統領の歓迎宴に文在寅大統領が独島エビを出し、トランプ大統領との会談に際し、元従軍慰安婦を引き合わせたからだ。 領土問題と歴史認識という日韓間の最大の懸...
相互首脳訪問の確約が取れなかった日中関係の前途多難

相互首脳訪問の確約が取れなかった日中関係の前途多難

 今度のアジア外遊で、安倍首相は習近平主席と李克強首相の二人と会談した。 メディアはこれをとらえて日中関係が改善した証拠だと持ち上げる。 まっかなウソだ。 安倍首相が望んでいたのは日中両首脳の相互訪問の実現である。 国際会議の場を使って会談...
これでは「盗人に追い銭」になる加計学園の認可

これでは「盗人に追い銭」になる加計学園の認可

 本当にこのまま加計学園が出来てしまうのだろうか。 そう疑問を抱かざるを得ない疑惑だらけの加計学園獣医学部の新設だ。 その加計学園疑惑にまたひとつとんでもない事実があることを私は知った。 発売中の週刊朝日(11月24日号)ワイド特集の記事が...
矢部宏治さんとの対談動画を配信します

矢部宏治さんとの対談動画を配信します

 矢部宏治さんとの対談動画が完成しましたので以下の通り配信させていただきます。 日米安保からの自立を立憲民主党に期待する矢部さんには新党憲法9条に賛同してもらえませんでしたが、私の立場との違いを浮き彫りにすることが出来たので、有意義かつ貴重...