新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

2017

Year
ついにメルケル首相が口にした米国との同盟関係の見直し

ついにメルケル首相が口にした米国との同盟関係の見直し

 きょうの各紙が報じている。 ドイツのメルケル首相が28日、総選挙に向けた講演の中で、サミットを振り返って次のように述べたと。 「他者に頼り切りになる時代は終わりつつある。欧州は、自らの手で自分たちの運命を決めなければいけない」と。 これを...
私のメルマガをコピペした佐藤優

私のメルマガをコピペした佐藤優

 最初に断っておくが、名誉棄損で訴えられてはかなわないので、この標題は冗談である事を最初にはっきりさせておく。 佐藤優が私のメルマガをコピペするはずがない。 しかし、そう思わせるほどそっくりそのままの事を、今日発売のアサヒ芸能(6月8日号)...
すべては民進党の覚悟にかかっている

すべては民進党の覚悟にかかっている

 はたして野党は加計疑惑問題で安倍首相を追い込む事ができるのか。 すべては野党第一党である民進党の覚悟にかかっている。 文科省の前川前事務次官があそこまで覚悟を決めて立ち上がったのだ。 民進党は何としてでも前川次官の国会証人喚問を実現しなけ...
安倍「忖度」政権の息の根を止める山口記者暴行隠ぺい疑惑

安倍「忖度」政権の息の根を止める山口記者暴行隠ぺい疑惑

 私は毎朝午前4時ごろに起きてテレビの早朝ニュースを見るのだが、今朝の日本テレビを見て、腰を抜かさんばかりに驚いた。 田崎史郎と並んで、いまや安倍首相の御用ジャーナリストの双璧である、あの山口敬之の暴行疑惑の犠牲者の女性(詩織さん)が、きの...
天皇陛下の言動まで監視している安倍政権の恐怖政治

天皇陛下の言動まで監視している安倍政権の恐怖政治

 今日発売の週刊ポストと週刊現代の最新号(6月10日号)が、そろって特集記事を書いている。 前川前文科省事務次官の内部告発の動きを官邸は事前につかんでいて、秘密警察を使って前川潰しを徹底したと。 週刊誌が書くまでもなく大手新聞もこれまで断片...
南スーダン自衛隊PKO派遣が批判さるべき本当の理由

南スーダン自衛隊PKO派遣が批判さるべき本当の理由

 南スーダン自衛隊PKO派遣がすべて撤収された。 なぜ南スーダン自衛隊PKO派遣が批判されたのか。 それは、憲法9条違反はもちろんのこと、PKO五原則にさえも違反して、自衛隊が紛争地域に派遣されたからだ。 それをゴマますために嘘をつき、その...
サミットをぶち壊したトランプと嘘をつく安倍とメディア

サミットをぶち壊したトランプと嘘をつく安倍とメディア

 不毛に終わるサミットであることは容易に想像できたが、それにしてもトランプがこれほど傍若無人に振る舞うとは思わなかった。 なにしろ、議長であるイタリアの首相が会議後の記者会見で、トランプは傲慢だったと世界の前で公然と批判したのだ(5月28日...
前川・菅のどちらが正しいかはまともな国民なら誰でもわかる

前川・菅のどちらが正しいかはまともな国民なら誰でもわかる

 トランプ大統領の任期は米国民が決めることだが、官僚人事を私物化して行政の公平、公正さを歪めた安倍政権には、一日も早く辞めてもらわなくてはいけないと思う。 前川次官の記者会見と、それを否定する菅官房長官の記者会見を、テレビが何度も繰り返し流...
トランプには一期4年は続けてもらいたい

トランプには一期4年は続けてもらいたい

 トランプ大統領の初仕事だった入国禁止大統領令が、5月25日、バージニア州連邦高裁でも違憲とされた。 トランプ政権は最高裁に上訴する方針を明らかにしたというが、最高裁でも違憲判決が下されることは間違いないだろう。 その時こそ、トランプ大統領...
今度のサミットほど安倍首相の出番がないサミットはない

今度のサミットほど安倍首相の出番がないサミットはない

 サミットが始まった。 そこで何が議論されるのか、メディアはこれまでほとんど報じて来なかった。 それほど存在感の薄くなって久しいサミットである。 やっと今日の各紙が報じた。 主要な議題は次の通りだという。 テロ対策 北朝鮮問題 中東問題 ウ...