新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

わずか1時間で終わった稲田・マティス防衛大臣協議の笑止

 驚いた。

 トランプ大統領の米国になって初めての防衛大臣・国防長官協議が、わずか1時間で終わったというのだ。

 通訳を入れればその半分だ。

 そんな短時間で何を話し合ったというのだろう。

 北朝鮮問題、中国の南シナ海進出問題、尖閣防衛問題、それに加えて日本の防衛負担問題などなど、重要な問題は山ほどあったはずだ。

 それなのに、わずか1時間の協議で終わったのだ。

 日本と米国がどのように意見を述べあったかについては一切報じられることはない。

 そのかわり、NHKが報じ、その他の局がそれを繰り返す事はただ一つ。

 日米同盟の重要性はトランプ政権になっても変わらない事が確認されたという事ばかりだ。

 NHKの解説者らが何度もテレビの向こうで叫んでいる。

 しかしこれは既にきのうの安倍・マティス首脳会談で確認された事だ。

 いまさら稲田防衛相がとやかく言える問題ではない。

 これを要するに、稲田・今度の会議は顔合わせに過ぎなかったということだ。

 しかし、考えて見れば滑稽な光景だ。

 敵を殺したり拷問したりすることが本業の米軍の権化のような軍人が、誰もが認める軍事に素人の稲田朋美という弁護士と、こんな重要な国際状況の中で、顔合わせをすることが、日米安保関係の揺ぎない信頼関係の構築に役立ったというのだ。

 国民は完全になめられている。

 もう少し国民は外交・安保について知らなければいけない。

 稲田朋美という外交・安保に素人の弁護士に防衛大臣が務まっているのだ。

 どんなに無知な国民でも、関心さえ持てば、外交・安保政策問題を好き勝手に語れると言うわけである。

 日本の安全と平和を、安倍首相や一握りの安倍側近に独占させてはいけないという事である(了)。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この世の中が、天国のような世界なら 憲法9条は立派ですね。
    残念ながら、そうではないですが
    この日本が、
    世界で一番軍事的に強いなら 憲法9条は立派ですね。
    そうではありません。非現実的な理想論は、
    他国にヒトラーや、それに通じる人間が生まれれば
    こちらが滅びるのです。
    理想論ではなくて、リアリティーに基づいた意見をお願いします。それか 中国系か、夢想家でしょうか?

  2. 安倍政権が仮想敵国を想定しているのは、他ならぬ一般国民ではないかと、このところ国会討論を聞いてて思いました。

    もし、そうでなければ、もっと日本国民を大切にし、愛情のある内政、外交、安全保障の政策をするために適材適所の大臣を置き、

    日本人と国の将来を見据えた政策、行動ができるはずです。

    国会で答弁もまともにできないし、例えばオスプレイの問題一つとっても、墜落事故後検証のないまま米軍が再開しても報告をありがたく

    受け取るだけです。

    まずは沖縄の国民の目線にたって、新国防長官と話すべきではなかったのですか。

    不思議なのは、歴史認識を変えようとしている人たちが、安倍政権の応援団になっているのに、日本が長い間米国の属国状態には抗議しないのですね。

    今、日本が憲法9条を守る国と宣言すれば、どの国が敵国になるのですか。軍事を拡大して覇権国家になろうとすればするほど、どんどん税金をつぎ込む羽目になります。社会保障がカットされ国民生活は疲弊してしまいます。戦前よりもっと悪くなります。
    どこの国が戦争をしたがっているのか、覇権国家同士の争いや力比べに日本が加わる必要はないのです。

    新党憲法9条とこのことを知ってほしいものです。

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook