新党憲法9条

憲法9条それは希望

会派を組むだけで毎月65万円の報酬がもらえる国会議員

 きょうの各紙が一段の小さな記事で報じていた。

 無所属の川田龍平参院議員が立憲民進党に入党する意向を固めたと。

 立憲民主党の参院議員はいまは福山幹事長一人だけだが、川田議員の入党で参院の会派が結成できることになったと。

 この記事を見て、私の頭に浮かんだのは、立憲民主党の事でも、福山議員や川田議員の政治家として資質のことでもない。

 会派を組むという事の意味だ。

 それはもちろん国会質問の時間が得られるという、本来の意味はある。

 しかし、一番重要な意味は、会派を組むことで毎月65万円もの報酬が立法作成経費という名目で国会議員の口座に自動的に振り込まれるようになるということだ。

 それを私は新聞の解説記事で知ってあきれ果てた。

 しかもその報酬は経費であるから税金は一切かからない。

 法律をつくるためなら何に使ってもいい。

 これほど優遇された報酬はない。

 そもそも国会議員は法律をつくるために高額な歳費が国民の血税から支払われてるのではないか。

 それなのに、会派を組んだだけで自動的に毎月65万円のもの報酬が歳費に上乗せされるのだ。

 いや、会派を組んだからもらえるのではない。

 政党に属していればどんな国会議員でももらえるのだ。

 無所属ではもらえないから、会派を組むのだ。

 こんなことが国会議員の間で行われているのである。

 国民はこれを知って、それでも国会議員を許せるならおめでたい(了)

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 単純に私腹を肥やすならおっしゃる通りでしょうが、立法作成経費で政策スタッフやブレーンを増やせるということではないですか?

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook