新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

創価学会が仏になっていたとは知らなかった

 「紙の爆弾」という、自称「タブーなきラディカルスキャンダルマガジン」と名乗る月刊誌がある。

 郵送されて来たその最新号(8月号)に、「アベ独裁に迎合した『壊れたブレーキ』公明党」という特集記事があったので読んだ。

 その題名のとおり、その特集記事は安倍晋三という右翼政治家と創価学会が手を結ぶことが、いかに議会制民主主義を機能停止させてきたか、その事を徹底的に批判している記事であるが、その記事の中に次のようなくだりを見つけて驚いた。

 「・・・公明党の組織母体である創価学会は、昨年11月に会則を変更し、『生き仏』的存在の池田大作名誉会長のXデー、すなわち生けるカリスマの喪失に備え、組織そのものを仏とする「創価学会仏」を提唱した・・・」

 驚いた。

 創価学会がこんなことになっていたとは知らなかった。

 創価学会という組織そのものが仏になったというのだ。

 その仏が、政権の一部であり続けている。

 これは憲法の定める政教分離違反そのものではないのか。

 国民はこの事実を知らなければいけない。

 メディアはこのことを国民に広く知らせなければいけない。

 公明党が政権政党から離れられないはずだ。

 安倍首相が公明党に強く出られるはずである。

 この国の政治の最大のパラドックスである(了)

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 創価大学法科大学院出の弁護士佐々木さやか国会議員は、共謀罪の強行採決に先立ち金田法務大臣に対する問責決議案の反対答弁で、一億総監視社会などと、偏った認識をもとにした発言や、事実に基づかないプロパガンダで、国民を欺くことは断じて許される訳ではありませんと述べた。
    公安警察は、あなたも監視しています。冷戦時に国民への情報収集能力は、一緒に仕事した欧米の情報機関も驚いたという。
    憲法の政教分離違反について、別の創価法科大出身の弁護士らは、公明党と政教分離について都合のよい解釈をしているが、佐々木氏は仏の件も踏まえて弁護士として違反してないというのだろうか。

  2. 「・・・公明党の組織母体である創価学会は、昨年11月に会則を変更し、『生き仏』的存在の池田大作名誉会長のXデー、すなわち生けるカリスマの喪失に備え、組織そのものを仏とする「創価学会仏」を提唱した・・・」この情報は全く知りませんでした。この情報本ブログにおいて、お知らせくださりありがとうございます。
    池田大作名誉会長に関しては幾多の噂が報じられていますが解明されずに謎が深まるばかりです。この数年間は、池田大作名誉会長の承認の上、創価学会の各種決定がなされているようですが、本人は公の席には全く現れておりません。各種決定事項が彼自身の了承を受けて行われているのであれば、公の席に現れても良い症状等と思はれます。
    然し全くその気配すらありません。この現実から彼はすでに、公の席に出られない、意思決定することも出来ない症状にあるとも言われておりますし、極端な話か分かりませんが、既に他界されているとも考えられております。
    私は、創価学会、公明党は日本の政治を歪めている最大の癌であると考えております。
    「これは憲法の定める政教分離違反そのものではないのか。 国民はこの事実を知らなければいけない。」
    と有りますが、創価学会、公明党自身がその現実を察知し、その件を追及させないために、政権に近づいているのが現実と考えられます。
    現に今回の都議選においては、公明党は自民党を見限り優勢と見られた小池につき完勝致しました。都議選は創価学会、公明党にとって国政より大事な選挙です。宗教法人を管轄し、宗教分離等の都の判断により、宗教法人を生かすも殺すも都の意向次第です。
    従って、創価学会、公明党は都議会を握っておく必要が有り、自民党都議会においては、最優先の課題に沿った判断をしたと考えられます。国政等においては、自民党は創価学会、公明党の助けなくては政権維持は困難なのは馬鹿なアベでも分かっていますし、安倍を操る国民会議の連中は当然認識の範疇です。今回の都議選でこの認識は完全に再認識されたと思います。又。この点においても、創価学会、公明党の大勝利でした。
    「創価学会、公明党は日本の政治を歪めている最大の癌であると考え」について、私見を述べます。創価学会は宗教団体のため教祖等の判断にほとんどすべての会員が個人の政治等の判断をしないで宗教団体の方針に従います。
    又、学会員は友人や関係者に公明党への投票を殆ど政策抜きで依頼します。例えば「
    消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の税率を低く抑える「軽減税率」を導入。消費税率を引き上げた際に、低所得者に1万円~1万5千円を支給する方針」等政策とは言えない様なばらまきを話のタネにして公明党への投票を依頼します。
    この様に正しく、私の私見ですが、公明党、自民党等の議員選挙の得票は創価学会、公明党及び自民党等、国民会議の団体により堂々と政教分離違反によりもたらされているのが現実と思います。
    この様な、政教分離も出来ていないような創価学会、公明党が日本国の政治を司るキャスチング・ボーとを握っており、政策で選ばれていない政府が政権を握っている、日本の現状は危機状態にあると考えます。
    尚、付け加えると、これら。創価学会、公明党の政権に寄り添いキャスチング・ボートを握る方針は、戦前の天皇を神とした天皇制で味わった、宗教弾圧により創価学会の幹部が投獄され、獄死した方もおられたことに起因しその反省の上に築かれたと考えられます。
    以上

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook