新党憲法9条

憲法9条それは希望

新党憲法9条 論説記事 ( 2 )

Category
山城博治を見殺しにするようでは辺野古阻止など出来はしない 

山城博治を見殺しにするようでは辺野古阻止など出来はしない 

 きょう4月26日の報道で知った。 辺野古反対派のリーダーで沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(66)について、最高裁第3法廷(宮崎裕子裁判長)は、被告の上告を棄却する決定をしたと。 これで山城博治被告の懲役2年、執行猶予3年の有罪が確...
「安倍首相の推薦状」事件から見えるもの(もう一つの二枚舌外交)

「安倍首相の推薦状」事件から見えるもの(もう一つの二枚舌外交)

 「安倍首相の推薦状」事件で暴露された二枚舌外交とちょうど同じ時に、もう一つの二枚舌外交がばらされた。 それは日韓外相会談における河野外相の二枚舌外交だ。 韓国国会議長の天皇謝罪発言問題で、日本は韓国に謝罪と撤回を求めていることになっている...
沖縄県民投票を待ち受けるこれだけ多くの罠

沖縄県民投票を待ち受けるこれだけ多くの罠

 きのう2月14日に沖縄県民投票の告示が行われ、各紙が大きく取り上げている。 しかし、それらを読むと、今度の県民投票への熱気が感じられない。 なぜか。 それは、今度の県民投票には大きな罠がいくつも仕掛けられていて、圧倒的な反対意思が示されな...
ダボス会議で昭恵夫人の日本酒宣伝をしていた安倍首相

ダボス会議で昭恵夫人の日本酒宣伝をしていた安倍首相

 きのうの日刊ゲンダイ(1月25日号)に驚くべき記事を見つけた。 なんとダボス会議にでかけて行ってまで、昭恵夫人の作った日本酒を売り込んでいたというのだ。 すなわち、現地時間23日の夜、ダボス会議にあわせてスイス・ダボスで日本の食文化紹介の...
外国人と共生する覚悟

外国人と共生する覚悟

 国会の終了と共に、政治は来年7月の参院選挙に向けた政局に一直線だ。 誰も外国人労働者受け入れ拡大法案の事など話題にしない。 しかし、次の国会で再び議論が始まる。 その時に備え、いまこそ与野党は考えなければいけないのだ。 国会で大騒ぎになっ...
外国労働者受け入れというパンドラの箱を開けてしまった野党

外国労働者受け入れというパンドラの箱を開けてしまった野党

野党の追及で明らかになった事は、この国の外国労働者受け入れの実態だ。 いかに多くの外国労働者がすでにこの国の中に存在し、しかも彼らが人権無視の状態に置かれているということだ。 しかし、野党がこの点を取りあげて安倍政権を責めれば責めるほどその...
いまこそポストトランプを見越した対米外交を始める時だ(訂正)

いまこそポストトランプを見越した対米外交を始める時だ(訂正)

  文章中、 「私はこれで二年後の大統領選でのトランプの再選はなったという見方に与する。」 と書きましたが、これは明らかに書き損ねで、正確にはもちろん 「私はこれで二年後の大統領選でのトランプの再選はなくなったという見方に与する。」 です。...
安倍政権の致命傷になりかねない日韓関係の不可逆的悪化

安倍政権の致命傷になりかねない日韓関係の不可逆的悪化

 改造内閣の閣僚たちが、次々とスキャンダルや醜態で追い込まれ、安倍政権を揺らがせている。 しかし、安倍政権の足を引っ張りかねない一番危険な閣僚は河野外相だ。 そう思わせるような河野外相の暴言が続いている。 徴用工判決をめぐる河野外相の韓国批...
安倍首相とメディアが安倍訪中の成功を喧伝出来ない理由

安倍首相とメディアが安倍訪中の成功を喧伝出来ない理由

 安倍外遊はとどまることを知らない。 欧州から帰って来たと思ったら、また25日から訪中する。 私が外務官僚の時は、外遊といえば国会が休みのすき間を狙って計画を組むものだったが、いまでは外遊のすき間を見つけて国会を開くことが当たり前のようにな...