新党憲法9条

憲法9条それは希望

ICANのノーベル平和賞受賞が日本に与えた衝撃と落胆

 ノーベル平和委員会がICAN(アイキャン)という国際団体に2017年のノーベル平和賞を与えた。

 このニュースほど日本を驚かせ、落胆させたものはない。

 なぜか。

 それは唯一の被爆国である日本がその受賞にほとんど関与出来なかったからだ。

 ICANとは1985年に、やはりノーベル平和賞を受賞した、核戦争防止国際医師会会議を母体とし、2007年にウィーンで発足し、日本のピースボートなど101カ国に468のパートナー団体を持つ組織であるという。

 日本の平和団体が含まれているといっても、決してその活動の主役を果たして来たわけではない。

 そして、何といってもICANがノーベル平和賞を受賞した理由である。

 それはあの歴史的な核禁止条約採択に貢献したからだという。

 日本政府は戸惑っているという(10月7日朝日)

 いや、私に言わせれば不快感を持って受け止めたに違いない。

 なにしろ日本政府は米国の核抑止力に守られているからという理由であの核兵器禁止条約をボイコットしたからだ。

 だから官邸、外務省はコメントすら出さなかった、いや、出せなかったのだ。

 本来ならば、この受章に大きな貢献をしたはずの日本の被ばく者たちも、複雑な思いを持って受け止めただろう。

 主役にはなれなかったからだ。

 ベアトリス・フィンICAN事務局長の被爆者に対する次の言葉が精一杯のなぐさめというのであればあまりにも残念だ。

 「あなた方が与えてくれた証言に、取り組みに、そして条約実現へのあらゆる貢献に、感謝します」

 朝日新聞広島総局長の副島英樹氏が書いている次の言葉(10月7日「視点」)が空しく聞こえる。

 「・・・これは被爆者たちへの授賞といっても過言ではない。ヒロシマ、ナガサキと聞き、人類は核使用を踏みとどまってきたともいえる・・・被爆者たちの証言にも、改めて光が当てられるだろう・・・」

 なぜ日本が主役になれなかったのか。

 それはもちろん、日本が米国に追従して本来の平和外交を放棄してきたからだ。

 この日本政府の誤った外交によって、被ばく者と政府が一丸となって二度と核兵器を使ってはいけないという、日本だけが世界に発信できる特権を発揮してこなかったからだ。

 かくなる上は、最後に残された日本の切り札に期待するしかない。

 それは、新党憲法9条を日本の政治の中に実現し、憲法9条を国是として力強く世界に広め、人類がいまだ到達できないでいる「戦争のない世界」に少しでも近づく努力の先頭に立つことだ。

 実績を示す時だ。

 これしかない。

 そして、それを実行できれば、間違いなくノーベル平和賞は向こうのほうからやって来る。

 すべては対米従属外交から日本を解き放つことである。

 そこから希望ある日本の未来が広がる。

 私は今度の選挙で、それだけを訴え続けるつもりである(了)

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ICAN(アイキャン)という国際団体にノーベル平和賞?
    馬鹿馬鹿しい。頭の中お花畑のノーガード戦法かよ。
    日本を取り巻く現状を良く見ろ。

    日本にちょっかいを出す国は基本嘘付きである。
    例え、廃絶条約に批准しても自国の都合で簡単に破棄する。

    >朝日新聞広島総局長の副島英樹氏が書いている次の言葉(10月7日「視点」)が空しく聞こえる。
    >「・・・これは被爆者たちへの授賞といっても過言ではない。
    >ヒロシマ、ナガサキと聞き、人類は核使用を踏みとどまってきたともいえる
    >・・・被爆者たちの証言にも、改めて光が当てられるだろう・・・」

    朝日新聞広島総局長の副島英樹氏は核兵器の攻撃を受けるのが相当好きらしい。
    ヒロシマ、ナガサキと聞き、人類は対象を破壊するのに非常に効果的と判断する。
    人類は核使用を踏みとどまってきたのは相互確証破壊の抑止効果の結果です。
    日本が廃絶条約に批准して、改めて光が当てられるのは核爆発の閃光と思い知れ。

    俺の個人的感想では、ICAN(アイキャン)という団体よりも、
    弾道弾迎撃兵器の開発団体にノーベル平和賞を送るほうが相応しいと思う。
    何故なら、嘘吐き国からの核攻撃を直接退ける効果があるから。

    廃絶条約に批准したら核攻撃を受ける可能性が飛躍的に増加しますよ。

    日本が条約に批准しないのは当然でしょ。

    憲法9条の改正も当然でむしろ遅すぎたと言える。
    現在の日本国憲法は戦勝国の都合の産物で有り、
    日本を防衛するのに不都合があるので改正は当然と思います。
    (戦後70年経っても北朝鮮の様になんの価値も無い国なら改正は不要ですがね。)

    最後に爆弾発言をしてやるよ。

    英文の日本国憲法第9条は限られた限定条件で戦争を遂行できます。
    禁じられている行為は「交戦状態」だけです。

    交戦状態が無い戦争とはつまり「核戦争」ですね。

    GHQに対決した日本側の草案者達は英文を熟知した切れ者だったようです。

    日本が条約に批准しないのは当然でしょ。(大事な事なので繰り返しました。)

  2. 憲法九条ではダメです。何故だか分かりませんか?それは、平和主義が筆頭に掲げられてないからです。大切なものと考えるのなら、普通、いの一番の1条にしなきゃウソになる。天木さん、貴方も結局のところ、それくらいにしか捉えていないんじゃないですか。そうじゃなければ、共産党と同じムジナでしかない。要するに、政治利用のための平和主義。だったら9番目でもいい。でも、軽過ぎませんか?そんな平和主義を嘯いてる日本だから、ノーベル財団も見抜いてるんじゃないのかな。でも、ノーベル賞は多分に八百長なものだから、そんなもん欲しがる方が八百長に染まってたりするんだよね〜。特に平和賞なんて、日本の平和主義以上に軽過ぎませんか?そんなの誰かにクレテヤレー!

  3. 今年のノーベル賞で、選考会の意図的か、無意識か分からないが、平和賞報道では、人類初の核兵器使用が広島に使われたことを海外メディアは同時に報じています。文学賞に長崎生まれと報じられれば、世界の日本に対する強いメッセージを感じてしまいます。

    トランプ大統領が、イランの核合意を破棄するといきまいていますが、米国はこの是非で国民が二分されています。この議論で、私が注目したのは、政府系講演会で、イラク、アフガニスタンに従軍した経験もある共和党議員が「敵がひざまずいたら、地面にたたきつけ、息の根を止めろと学んだ。オバマ元大統領は手を差し伸べた。これでは敵を勢いづかせる。」
    これに対して反論も活発におこなわれています。

    武力行使を良しとするなら、人間としての尊厳も泥沼に陥っていきます。

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook