新党憲法9条

憲法9条それは希望

見たくもないトランプ大統領の来日

 きのうのブログで書いたばかりだ。

 11月4日からのトランプ大統領の来日は、歓迎されざるおしかけ来日だと。

 そうしたらトランプ大統領がつぶやいたらしい。

 北朝鮮と接触しているティラーソン国務長官に対し、「時間の無駄だと伝えた」と。

 どこかで聞いた言葉だ。

 そうだ。

 まさしく安倍首相が国連演説で語った言葉だ。

 安倍首相がトランプ大統領に教えたのか、あるいはトランプ大統領が語った言葉に安倍首相が感激して真似たのか、いずれにしても11月4日からのトランプ来日時の首脳会談では、この言葉が二人の口から合唱される。

 おぞましい光景だ。

 北朝鮮の日本敵視を煽るだけだ。

 天皇陛下を苦しめるだけだ。

 なによりも憲法9条の精神を否定するものだ。

 話し合いを止めた時点で、残る選択肢は喧嘩しかない。

 何があっても話し合いを続けるしかない。

 それが憲法9条の求めるものだ。

 おりから日本は衆院選後の混乱の真っただ中だ。

 政治家たちは、自民党はもとより、野党も、トランプ大統領の来日などそっちのけで、政局に明け暮れている違いない。

 見たくもないトランプ大統領の来日である。

 しかし、安倍首相の方から取りやめる事はあり得ない。

 トランプ大統領の都合で取りやめる事になるしかない。

 安倍昭恵夫人にならって、私は取りやめになってくれることを「祈る」しかない(了)

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 国民の声が届かない空白期間を生み出した安倍政権、NHKのごく最近の世論調査で、安倍内閣を支持しないが8ポイント上がり44%で、支持するが、

    7ポイント下がり37%です。

    国民が今の政治に怒りがあるのは確かです。新党憲法9条に活路を見出しましょう。

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook