新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

有事回避の外交努力をしない安倍首相はそれだけで首相失格だ

 きのう8月12日、米中首脳が電話会談した。

 きょう13日の各紙が一斉に報じている。

 私が注目したのは、習近平主席がトランプ大統領に自制を求めたことだ。

 韓国大統領報道官も12日コメントを発表し、米中両首脳による協議が緊張状態を解消することを願う、と発信したという(8月13日毎日)。

 さらにまた、ドイツのメルケル首相やロシアのラブロフ外相も次のように求めたという(8月13日日経)。

 「米国と北朝鮮の対立に軍事的解決はない」(メルケル首相)

 「リスクは非常に高い。より強く、より賢い方が先に危機回避をするための第一歩を踏み出すべきだ」と。

 これらがトランプ大統領に対する自制要求である事は言うまでもない。

 メルケル首相に至っては、現在の危機を、「米国と北朝鮮の対立」とまで突き放している。

 ひるがえって日本の安倍首相はどうか。

 少なくともこれまでの報道を見る限り、トランプ大統領に自制を求めた形跡はない。

 報じられる事は、いたずらに危機を煽り、有事を前提としたミサイル迎撃体制の強化や、米国との共同軍事演習や、避難訓練などばかりだ。

 これほど間違った首相はいない。

 有事になれば一番被害をこうむるのは日本であるというのにである。

 米国と同盟関係にある韓国でさえ自制を求めているというのにである。

 唯一の被爆国であり、福島原発事故の悲惨さを一番知っている日本の首相であるというのにである。

 何よりも、世界で唯一の平和憲法9条を持つ日本の首相であるというのにである。

 主要国の中でただひとり、トランプ大統領に迎合するしかない安倍首相は、それだけで日本の首相失格だ。

 このまま首相の座に留まる資格はない。

 その事を、政治の場で追及しない野党は野党失格である。

 そんな安倍首相を批判しないメディアもまたメディア失格である。

 日本と日本国民は、いままさに北朝鮮有事によって試されている。

 北朝鮮のミサイル実験で試されているのは日本である(了)

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 原爆が投下されてから72年目の今年も、広島市、長崎市の市長が、戦争の愚かさや、平和への願いを切実に訴えました。被爆者の方々も声を絞って訴えています。

    安倍首相もそれを聴いていました。そして何よりもトランプ大統領と電話会談できる位置にいる人です。日本国民は戦争はイや、平和な国でいたい、平和主義が好きなのです。(安倍首相の積極的平和主義が本物であれば、圧力を強化するという言葉はでないと思います)憲法9条や非核三原則は日本国民の総意であることを常に世界に知らしめてほしいのです。

    安倍首相や政権がそのことをしなければ、できる人を国会議員にするように国民一人ひとりが努力を重ねなければならないそんな時代の転換期です。平和な日本が瀬戸際なのです。

    それを打破しようとしているのが、新党憲法9条だと私は思っています。

  2. 天木さん、有名な貴方に対して、片隅に潜む無名の僕なんかが、色々と失礼な事を言っていて、大変、申し訳ないのですが、言わせて下さい。今回の件に関しては、悔しいですが、日本は何もせず、見て見ぬ振りをする、即ち無視するのが一番だと考えます。従って下らぬ安倍晋三が糞トランプの顔色を覗い何も言えなかったのは、結果的に日本人の安全を保守するという限りにおいては、それなりに許容できます。百歩、否、千歩譲ってのコメントですが。

  3. 天木さん、色々言って頂き有難いのですが、それでは、天木さん、直接、トランプ本人にツイートされましたか。金正恩にも抗議されましたか。その前に、安倍晋三や加計孝太郎に、直接、電話するなりして、貴方の「怒り」をダイレクトに伝えてみて下さい。その後で、どうであったかを、我々、無名の下々に向かって、ブログ報告して頂けませんか。それがなされない限り、貴方の本気度が伝わりません。少なくとも私は、貴方に直接メールをしたり、このブログでコメントしたりして、私の「怒り」を伝えているつもりなのですが…。宜しくお願いします。

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook