新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

安倍首相辞任の決め手は昭恵夫人が握っている

 繰り返して書くが、私の中では安倍首相の辞任は決定済みだ。

 もはや私の手を離れ、森友学園の小学校建設問題の疑惑は独り歩きしてどんどん広がり、安倍首相を辞任に追い込むだろう。

 それでも安倍首相はこの問題を曖昧にして居直るかもしれない。

 しかし、そうすれば安倍政権は急速に勢いを失い、あらゆる政策の行き詰まりの中で野垂れ死にすることになる。

 どっちに転んでも安倍首相は私の中では終わった。

 しかし、私の書くことが野党の追及の参考になればいいと思って、最後にこれだけは書いておきたい。

 その事とは、「とどめを刺すカギは昭恵夫人が握っている」ということだ。

 これには二つの意味がある。

 今朝のNHKの早朝ニュースが繰り返して籠池理事長の単独インタビューを流した。

 そこで籠池氏が語っていたのは、国有地払下げの見返りとしての政治家への便宜は一切ないということだ。

 そこまで断言する以上、その通りに違いない。

 しかし、今度の問題の本質は便宜供与の有無ではない。

 もっと深刻な問題として、日本会議の考えに染まった籠池氏の「瑞穂の國記念小學校」建設に安倍夫妻がどこまでかかわっていたかという問題がある。

 その中でも、昭恵夫人が名誉校長を引き受けた経緯の究明こそ最重要だ。

 始めはまったく関係ないと言い張っていた安倍首相は、その後の追及で昭恵夫人が名誉校長を引き受けた事実を認めた。

 しかし、国会答弁では、「頼まれたが断った。それでも皆の前で名誉校長になってもらうと発表され、皆から拍手で歓迎されたから断り切れなくなった」、そう昭恵夫人から聞いている、と安倍首相は国会で答弁していた。

 ところが今朝のNHKのインタビューで籠池理事長は、その事を聞かれてきっぱりと否定した。

 すなわち昭恵夫人の了承なしに、皆の前で名誉校長になってもらうなどと発表するはずがないと。

 つまり昭恵夫人の了解を得たから発表したと言っているのだ。

 この食い違いは聞き捨てならない食い違いだ。

 私が昭恵夫人が安倍首相の辞任の決定的鍵を握っていると書いたのは、この二人を国会に証人喚問し、どちらが正しいか国民の前ではっきりさせることができれば、安倍首相は、国会でウソをついた事が明らかになり、安倍首相は辞職せざるを得なくなると思うからだ。

 しかし、昭恵夫人がカギを握っていると私が思う本当の理由は、昭恵夫人自身の胸中にある。

 つまり、昭恵夫人と籠池氏の国会招致は安倍自民党は応じない。

 だからその追及は難しい。

 しかし、たとえ国会招致が実現しなくても、昭恵夫人のことだから言い出しかねない。

 こんな問題でこれ以上国会で追及されるぐらいなら、首相夫人などまっぴらだ、あなたはやく首相を辞めてください、と。

 昭恵夫人にそう言われたら安倍首相は従わざるを得ない。

 私が、安倍首相辞任の決め手は昭恵夫人が握っていると書いた理由はそういうことである(了)

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事にあるご判断は、希望的観測に過ぎないのではないかと思います。巨悪の甘利の件でさえ、無事に切り抜けた官邸です。大手メディアもいまだにしっかりとグリップし続けている。どう考えても、過去4年の流れから見て、これくらいのことで倒れるようには思えません。従来の普通の人間が持つ善悪の判断基準はまったく通用しない人々です。私には、なんだかんだと批判されつつも劣悪なベルルスコーニ政権が長く続いてしまったことが連想されてなりません。

  2. 私は 此の森友学園の小学校建設問題の疑惑に関して決定的な「嘘」が有りそれが全く、指摘されずに、国会等の追及が進んでいる事に不安を抱いております。
    私の土木や廃棄物処理の知見からして、売却側の役所が地下9.9mまでの深さまで ,
    廃棄物が埋まっているとして、廃棄物撤去費用を算定したと述べているが、この深さにごみが埋まっていることは全く検証もせず、ごみ等の撤去費用を算定しているようである。私の知見では、こんなに深く一般廃棄物が埋設廃棄する事とは、次の点の理由から全くあり得ない事である。
    (1)この様な土地では9.9mに廃棄物を埋設投棄することは、技術的にもコスト的にも廃棄費用が高価になり過ぎて現実的ではなくまた不可能である。 9.9mの深さにごみを埋設するには、矢板を挿入して掘削し、ごみを廃棄するか。又、矢板無しでの掘削はこの土地の広さからして現実ではなく不可能である。矢板打設と同じく、掘削土砂の処分又は仮置き等も生じ、全く考えられない不可能な埋設処理である。(3)と関係を参照。
    この様な大工事をしたとすれば、周辺住民もきずき。じゅうみんへの説明なしに出来ない。
    (2)少量の一般廃棄物をこんな深いところに廃棄するのは全く考えられない。
    (3)投棄処理費用に関して、この土地に埋設投棄するより、一般廃棄物として持ち出し処理投棄の方が処理費で2桁違う程安価にできる。
    (4)この様な廃棄物のこの土地での大量の廃棄物を廃棄するのは周囲に対して環境対策が必要だ有り。廃棄は廃棄物処理法に抵触する可能性が非常に高い。少量であればこんな深さに埋設処理する必要は無い。

    以上に関しては、(1)から(4)に述べたように、この土地に9.9mの深さに一般廃棄物を埋設したなどの可能性は全く考えられない。架空の作り話とか考えられない。
    この件を国会等で検証されている共産党等は廃棄物処理や土木等の専門家を交えてに至急問い合わせて関係諸官庁を追及して頂きたい。
    又、この事件の解明をするには、この土地の以前の所有者等でごみ等をこの土地に投棄埋設した関係者にごみの投棄量や埋設深さ等、聞き取りを行うことが必要である。
    私は、この件は、森友学園、この売却に関係した諸官庁、幼稚園の許認可に関係する大阪府(松井知事)意図的に森友学園に名義を使わせているアベ夫妻の陰の力等により巧みに仕組まれ定借、工事、ゴミ発見を理由としたアベ等の後ろ盾を使った暗黙の政権の力により、諸官庁に森友学園の言い成りの条件で廃棄物撤去費用を算出させて、ただ同然の200万円の激安払下げをさせるシナリオが見事成功したように感じる。
    これはアベと通じた、あべの手下と考えられる、同じ国民会議の松井大阪知事も全く不自然なタイミングで、でたらめな今までになかった、私立学校の認可等に関係しているようである。
    私は。もう一つ危惧する事が有る。
    それは、民進党などが、盛んにごみの撤去を完全に行っていない等追及しているが、こんな事はばかげている。
    森友学園側はごみの撤去は今回はしない。しかし、ごみが有るため土地の評価額は撤去費用と等価なだけ減額されていているという論法を用いる可能性が強い。
    従って、盛んにごみの撤去を完全に行っていない等の追及は何の役にも立たない。時間の無駄である。

    以上

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)