新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

予算案年度内成立をすんなり認めた野党の本気度を疑う

 きょう2月25日の各紙が一斉に報じた。

 与野党は24日の衆院議院運営委員理事会で、2017年度の予算案を採決する衆院本会議を27日に開催することで合意したと。

 これで来年度の予算案の年度内成立が確実になったと。

 なんという記事だ。

 これほど腹立たしい記事はない。

 これでは、安倍政権を追い込むどころか、安倍政権にやりたい放題を許しているようなものだ。

 もちろん、今大騒ぎをしている国有地払下げ疑惑問題についても、せいぜい瑞穂の國記念小學校建設中止と籠池理事長いじめで終わることになる。

 安倍政権にかすり傷ひとつ与えることができないまま幕引きされる。

 安倍首相は再び外遊三昧だ。

 いうまでもなく、国会審議の最大の争点は来年度の予算案を認めるかどうかだ。

 なぜなら、すべての政策は予算によって裏付けられているからだ。

 予算が通らないとあらゆる政策は実施できない。

 だからこそ、予算委員会が国会審議の花形であり、どんな問題でも予算委員会の質問で取り上げることができるのだ。

 その予算案が衆院で通過してしまえば、一気に国会審議の緊迫感がなくなる。

 衆院で通過すれば参院でいくら反対しても無意味であるからだ。

 再び衆院で議決されれば成立するという衆院優越権が認められているからだ。

 だから衆院で予算案が成立すればあとはすべて消化試合だ。

 その事を政治家は知っている。

 もちろん官僚たちは皆知っている。

 その予算案があと二日後の衆院本会議で多数決で承認されるというのだ。

 それを野党があっさりと認めたというのだ。

 この国の政治はすべて八百長だ。

 与野党が談合して国民を欺き、税金を無駄遣いしているということだ。

 馬鹿を見るのは、政治家たちは国や国民を思って真剣に議論している偉い人たちだと信じる、おめでたい国民である(了)

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 安倍首相の大好きな外遊、常にあたかも成果の上がった如く広報します。数日前の東京新聞の投稿欄に、世論調査を行ったところが、外遊の成果で、この政権を支持するが、何ポイント上がったとか報道するが、何をなしてきたか、何を話し合ってきたかを、政府広報そのまま通信社などが報道しているのに、国民が正しい判断する材料もなければ、分かるわけがない。政権のための世論調査で、意味がないという指摘をしている文章でした。

    鋭い指摘です。政府広報の影響がどのくらい国民の間に浸透しているかの調査なら、納得いきます。

    国内には問題山積です。そして今問題になっていることを、国会議員はきっちりやることです。メディアは今こそ、知り得た情報を封印してきた件なども含めて、国民に知らせることが必要な時期です。日本を愛するなら!!

    国民に馬鹿を見させないでほしいものです。

  2. 昨日の予算委員会ネット中継を見ていて本当に腹立たしい.
    市民は国会を注視してもっと怒らなければならない.
    この怒りの受け皿になる政党を作り,小異を捨てて大同に就く真の野党を結集することが急務である.

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)