新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

天木直人のブログ

Category
執行部人事刷新の前倒しに舵を切った蓮舫代表の大きな賭け

執行部人事刷新の前倒しに舵を切った蓮舫代表の大きな賭け

 きょう7月22日の各紙が一斉に報じた。 蓮舫民進党代表は、野田幹事長の交代を含めた民進党執行部の刷新を7月末に前倒しする意向を固めたと。 おりから安倍首相は加計疑惑で支持率を急落させている。 支持率回復のために行う8月3日の内閣改造も、橋...
強気に転じた稲田防衛大臣とその裏にある防衛省の混乱

強気に転じた稲田防衛大臣とその裏にある防衛省の混乱

 メディアの稲田叩きがとどまらない。 ここまでくれば安倍首相は8月3日の内閣改造を待たずに更迭せざるを得ないだろう。 これ以上支持率を落とさないためにも安倍首相はそうするだろう。 そう、私は考えた。 しかし、テレビで流される稲田防衛大臣の強...
稲田防衛大臣の更迭だけでは済まない日報隠し問題の深刻さ

稲田防衛大臣の更迭だけでは済まない日報隠し問題の深刻さ

 稲田防衛大臣の国会答弁から大騒ぎになった南スーダンPKO派遣の情報隠し問題だが、もはや稲田大臣の資質を問うだけでは済まない深刻な展開になってきた。 日報隠しのドタバタ劇の背景には、防衛省内の陸自と統幕の対立があり、制服組と防衛官僚の対立が...
それでも黒を白と言い続ける黒田日銀総裁

それでも黒を白と言い続ける黒田日銀総裁

 あるものをなかったことにはできない。 黒を白ということはできない。 政治によって行政が歪められるようなことがあってはならない。 これらは、前川前文科省次官が加計問題に関して証言した歴史に残る名言の数々だ。 それはそのまま安倍暴政の大罪を見...
思いやり予算で米軍の情報収集にまで加担していた日本

思いやり予算で米軍の情報収集にまで加担していた日本

 きょう7月21日の朝日新聞のニュースQ3で、藤田直央記者が教えてくれた。 思いやり予算で日本政府が在日米軍基地の中にある謎の工場の建設にまで財政支援をしていたという。 その概要はこうだ。 米ネットメディアが4月下旬、スノーデン(元米国安全...
「下駄の雪」から脱却した公明党と不破氏が出て来た共産党

「下駄の雪」から脱却した公明党と不破氏が出て来た共産党

 安倍政権と蓮舫民進党が負け比べしている中で、ますます意気軒昂なのが公明党と共産党だ。 きょう発売の週刊文春(7月27日号)が書いている。 都議会選の惨敗で自民党と公明党の力関係が逆転したと。 都議会選前までは、「安倍政権は公明抜きで維新や...
タイミングを逸した稲田防衛大臣の嘘の発覚

タイミングを逸した稲田防衛大臣の嘘の発覚

 きょう7月19日の各紙が一斉に報じた。 毎日新聞などは一面トップだ。 稲田防衛大臣が南スーダンPKO部隊の日報の存在を知っていたというのだ。 知っていたどころか、その内容について了承していたというのだ。 いうまでもなく、PKO部隊の日報に...
安倍首相の間違いから何も学ばなかった蓮舫民進党代表

安倍首相の間違いから何も学ばなかった蓮舫民進党代表

 なぜここまで安倍首相は加計問題で追い込まれることになったのか。 それはもちろん政権の私物化という間違いをおかしたからだ。 しかし、それがバレタ時点で素直に自らの間違いを認め、国民に謝罪して誤りを正していれば、ここまでの批判を受けることはな...
もはや既存の政党・政治家では日本を救えない事は明らかだ

もはや既存の政党・政治家では日本を救えない事は明らかだ

 ここまで国民の不支持が高まれば、安倍政権の先は長くはないと思う。 ところが、なぜか政局に緊迫感がない。 それは、安倍政権に代わる受け皿がいつまでたっても見えてこないからだ。 なにしろ自民党の中に、いますぐ安倍首相に代わり得るリーダーがいな...