新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

あらゆる状況が新党憲法9条に追い風になる予感

 新党憲法9条は、既存の政党、政治家を脅かすものであるが故に、与野党を超えて、既得権を守ろうとする既存の政党、政治家から、強い警戒感と反発を受けるでしょう。

 だから私は既存の政党や政治家を刺激することを敢えて避け、ひたすら新党憲法9条の重要性を訴える戦略に徹します。

 新党憲法9条は、その存在が広く知られるようになればおのずと支持は広がっていくと思っています。

 そして、あらゆる客観状況は新党憲法9条に追い風となりつつあります。

 一つは既存の政党。政治家がますます負け比べを始めているということです。

 安倍自民党政権の政策的行き詰まりは加速していくでしょう。

 しかし、それに輪をかけたように野党の混迷は加速するでしょう。

 そしてその間に国民生活はどんどんと悪くなっていきます。

 なぜ政治はここまで役に立たなくなったのか。

 それは既存の政党、政治家が、自らの利益や組織防衛を優先させてきたからです。

 そして、そのために、主義、主張を捨てて、野合に走ったからです。

 そして、もはや大きな意味を持たない政権争いを繰り返そうとしているからです。

 新党憲法9条はまさしくこの矛盾を克服するものです。

 そこには特定の個人、組織の利権はありません。

 特定の人物が主導するのではなく、主役は憲法9条です。

 だから主導権争いも起こり得ません。

 そして、何よりも重要な事は、政権交代という不毛な権力争いに明け暮れるのではなく、誰が政権をとってもいいから、その政権が国民の為に正しい政治をするよう、国民に代って、国民の目の前で、堂々と主張し、政策に実現させていくと言う意味での、本当の国民政党を目指す政党、それが新党憲法9条であるからです。

 国民が既存の政党、政治家を否定する状況はいま世界中で起きています。

 新党憲法9条はあらゆる意味で世界に先駆けた政党を目指そうとしています(了)

Comment On Facebook