新党憲法9条

憲法9条それは希望

その気になれば国会の安保論争は面白く出来る

 きょう12月4日の毎日新聞「風知草」を読んで、その気になれば国会の安保論争は面白くできる事を知った。

 特別編集委員の山田孝男氏が書いている。

 この間来日したトランプ大統領は、「F35は世界最高の戦闘機だ。買えば日本は安全になり、米国は雇用が増える」、そういって武器を売り込み、安倍首相はそれを買わせられた。

 しかし、トランプ大統領は大統領選挙の時は、F35の事を、「性能が低いうえに割高で、計画も遅れ、制御不能の戦闘機だ」そういって、自分が大統領になったら白紙にすると言っていたと。

 そして、大統領になった後も、ロッキード社に値引きさせたと。

 そういえば確かにそう報道されていた。

 もし野党の政治家たちが少しでもこの事に気づいていたら、安倍首相を追及できたはずだ。

 安倍首相は答えに窮したはずだ。

 そしてまた、山田氏は次のように書いている。

 先週の予算委員会で民進党議員が安倍首相に迫った。

 「F35の調達は米国本位(対米従属)ではないか」と。

 しかし、F35という機種も、調達方式も、決めたのは6年前の野田民主党政権だったと。

 もしこの事を自民党の政治家たちが一人でも覚えていたら、すかさずその民進党議員に野次ればよかった。

 たちどころに民進党は恥をかいたに違いない。

 さらに山田氏は続ける。

 F35の魅力は、敵レーダーに捕捉されないステルス(隠密)性にある。

 そして、ステルス戦闘機の魅力は、敵地深く侵入して爆撃、ジャミング(電波妨害)する機能にある。

 しかし、この事をあけすけに言えば専守防衛の逸脱と責められるから、政府は説明しない。

 そして、戦闘機は数十年間使う。

 この間に、憲法9条の改憲が行われ、「敵地攻撃」でも何でも認められる時が来る。

 それを見据えて、いまは議論をしようとしないのだ、と。

 山田氏は最後にこう書いている。

 「率直な議論が必要な時だと思うが、そういう論戦にはなっていない」と。

 この山田氏の「風知草」が教えてくれた事は、その気になれば国会の安保論争は面白くできるということだ。

 国会がつまらないのは、やはり政治家が不勉強であるからだという事である(了)

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. F15イーグル

    F35は1機が約150億円ほどで、日本は42機、調達している。米国は2000機ほど持ってる。圧倒的な違い。

  2. 安保論争の根っこにある大きな疑問なのですが、 「日米防衛協力の日米同盟と、専守防衛は我が国の基本方針で、堅持して行く」
    と安倍総理は国会で答えていますが、米国は、「専守防衛」の国なのでしょうか?
    その「最も攻撃的な米国」と「専守防衛の日本」が、「日米軍事同盟を強化」するのは明らかな矛盾と思います。

    ましてトランプ大統領が横田基地に降りたったように「基地権」も、日米共同演習で示されているように「指揮権」も米国。
    これで「日米防衛協力の日米同盟強化」で「日本の専守防衛」を貫き通せる道筋はないと思うのですが。

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook