新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

北朝鮮危機の行き着く先は北朝鮮の核の黙認しかない(続)


 標記のブログを書いた後で、読者のひとりから、私もそう思うというメールをいただいた。

 その人は、みずからインタビューをしたダニエル・エルズバーグ氏の事を書いた週刊金曜日(昨年11月25日号)の以下の記事を紹介し、エルズバーグも同じ事を言っていたと教えてくれた(著作権の関係があるので、一部しか引用出来ない事をご了解願いたい)。

 ダニエル・エルズバーグ氏といえばベトナム戦争に関する米国政府内部文書であるペンタゴン・ペーパーズを新聞にリークして、ベトナム戦争の終結をのきっかけを作った勇気ある元祖告発者だ。

 そのダニエル・エルズバーグと私の意見が同じであることを知った事は、この上ない光栄だ。

 新党憲法9条が実現した暁には、ダニエル・エルズバーグ氏を三顧の礼で新党憲法9条の名誉顧問に迎えて、世界に発信していきたい。

 その為にも、何としてでも2年後には新党憲法9条を実現したい。

 その時までダニエル・エルズバーグ氏には健在でいて欲しい(了)

 引用はじめ

 ・・・10月末、カリフォルニア州サンタ・バーバラで Nuclear Age Peace Foundation (核時代平和財団)によるシンポジウム「Fierce Urgency to Nuclear Zero」(切羽詰まった核兵器ゼロへの道)が開かれ、そこで元国防総省・国務省職員ダニエル・エルズバーグ氏にインタビューする機会を得た。

 エルズバーグ氏は1971年、ランド研究所在籍中にベトナム戦争についての政府内部文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を新聞にリークし、米国のベトナム撤退の一因を作ったことで知られる。正義のために身の危険を省みず内部告発した「ウィッスル・ブローアー」として伝説的存在となり、近年「ウィキリークス」のジュリアン・アサンジ、元CIA職員のエドワード・スノウデンらにも影響を与えている。

 エルズバーグ氏は核問題の専門家でもあり、今回も開口一番、「自分の人生は核戦争を起こさないという目的のために捧げてきた」と言い切った・・・・

 (氏が)このインタビューでも、上述の会議でも、何度も強調していたのが、「今世界はキューバ危機(1962年)以来の核戦争の危機にさらされている」ということだった・・・喫緊の核戦争のリスクを回避するにはまず、米国がロシアや他国に対し核先制攻撃の脅しを解くことであると強調した・・・

 このインタビューは大統領選直前に行ったものだ・・・ロシアを悪魔視し核のボタンに手をかけていたクリントンではなくロシアとの親和を訴えていたトランプが当選したことにより米ロ核戦争の危機は回避されたと思っている人も少なくないが、トランプの政策は予測不能なところがあり予断は許されない・・・

 85歳のエルズバーグ氏はインタビュー中、私を通してすべての日本人に伝えたいと言わんばかりの気迫で、つばがかかりそうな勢いで訴えてきた。

 「日本こそが米国に核先制不使用を求めるべきだ。安倍首相がどう言おうとも、日本の市民が立ち上がって行動すべきだ」と。

 だから私は週刊金曜日の読者以外の人たちにもエルズバーグ氏のメッセージを広く伝えたいのだ・・・
                                
                     引用終わり

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook