新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

新党憲法9条のHPを初めてご覧になる方への緊急メッセージ

 新党憲法9条のHPにようこそお越しくださいました。
 このHPは決していかがわしいものでも、ふざけたものでもありません。
 新党憲法9条は、昨年7月の参院選で小林節・慶応大学名誉教授が果たせなかった「国民怒りの声」の「志」を引き継ぐものです。
 もちろん、小林教授の理解と応援を得てつくられたものです。
 この国のどうにもならない政治を変えようと覚悟して立ち上げた真剣なものです。
 
 既存の政党、政治家の政権争いに熱中する人は、それぞれの支持政党や政治家を応援すればいいでしょう。
 しかし、もはや今の政治では誰がどのような綺麗事を並べても、日本の抱える問題を解決できない、今の政治は政治家たちの党利、党略、個利、個略でしかないと怒りを覚えるのであれば、是非とも参加してください。
 詳しくは、このHPで私が書いたり、語ったりしていることを読み、そして感じてください。
 
 トランプ大統領の米国が世界を混乱に陥れています。
 もはや日米同盟を最優先する日本では国益を守れません。
 だからと言って、軍事力を強化して日本の国益を守ろうとすれば、日本の安全保障は危うくなるばかりか国民生活は更なる困難に追いやられます。
 憲法9条を世界に掲げ、外交力で日本の国益を追求するしかないのです。
 
 それを訴え、実現するのが新党憲法9条です。
 
 新党憲法9条は平和が大切だと訴えるだけの左翼・護憲政党ではありません。
 憲法9条こそ最強、最善の安全保障政策であると訴え、対米従属から日本を解き放ち、米国はもとよりロシアとも、中国とも、アラブ諸国とも、いや世界のすべての国々と共存共栄を目指す政党です。
 
 どうすれば新党をつくれるか。
 
 具体的には、まず次の衆院選挙で東京ブロックから4人候補者を立て、1人当選させることから始めます
 (※4人も立てる必要はありませんが、公職選挙法でそう決められているのです。既存の政党が新規参入を防ぐ為に、わざわざそのような規則をつくったのです)
 そして、最終的には2年後の参院選までに5人の政治家を獲得し、政党要件を満たす政党を目指します。
 
 衆院選の準備は出来上がりつつあります。
 4人の候補者はほぼそろっています。
 誰が見ても能力と識見のある方々です。
 しかも、この政党から立候補し、政治家になる方々に私利私欲はありません。
 血税を私物化するような今の政治家とは対極にある政治家集団をつくります。
 その証として、政治家の歳費(給与)を削減し、その他の経費とあわせて新党に拠出してもらい、その資金を国民のための活動に還元します。
 
 次の衆院選挙で東京ブロックから4人の候補者を立てるには、法定費用として2400万円ものお金が必要です。
 そのスポンサーも見つけました。
 立派な候補者と資金の裏付けがあるから、いつ選挙があっても準備は万全です。
 必ず一人は当選させられます。
 
 しかし、私は新党憲法9条を「志」を同じくする一般国民の寄付でつくりたいと思っています(スポンサーに頼るのは最後の手段にするつもりです。いや、寄付だけで十分な資金が集まるようでなければ新党憲法9条の成功は不可能です)
 衆院選の日程が決まったら、すぐに記者会見を開いて世の中に訴えます。
 しかし、衆院選はどうやら先延ばしになりそうなので、現時点で公表すれば潰されます。
 今はもっぱらこの新党憲法9条のHPで支持者と寄付を集めることに専念します。
 
 どうか新党憲法9条づくりに参加してください。
 私と一緒に、この日本に、国民のための「本物の政党」をつくりましょう!