新党憲法9条

日本人の政党 日本人の受け皿

支持者からのメッセージ 2016年10月

Sent: Thursday, November 3, 2016 12:30 PM
Subject: 新党憲法9条 "メルマガ11月2日第805号について"
差出人: Y.S
題名: メルマガ11月2日第805号について
メッセージ本文:
約7年前からメルマガを購読しております。
天木様に質問です。
1,2016年11月2日第805号にて、「高樹沙耶がつかまって、首相夫人がつかまらないなら、権力者による法の私物化だ。」 とありますが、これは、昭恵氏は高樹沙耶と交流がありこれまでの言動・行動からみて大麻を所持している可能性があると考えられるから操作の手が及ばないのはおかしい、ということでしょうか?
 
2,私は、高樹沙耶さんを擁護する気持ちはありませんが、大麻草に関しては国民の健康と持続可能な資源として素晴らしい可能性を秘めていると思っています。
天木さんは、大麻とはイコール麻薬である、というお考えでしょうか。
Sent: Wednesday, November 2, 2016 8:44 AM
Subject: 新党憲法9条 "寄付金額"
差出人: 寿
題名: 寄付金額
メッセージ本文:
寄付金額の発表楽しみにしています。
振込口座の名義 読み方を表示された方が良いのではないでしょうか。
ドジな私は 9ジョウにして振込エラーで気付きました。
Sent: Sunday, October 30, 2016 10:31 PM
Subject: 新党憲法9条 "9条における自衛隊の考え方について"
差出人: T.O
題名: 9条における自衛隊の考え方について
メッセージ本文:
2年ほど前よりメルマガを購読している50代の者です。政治には全く疎いのですが、天木様の主張には共感するところが多く「新党憲法9条」の活動再開に期待しております。ただ「新党憲法9条」のHPでは、9条における自衛隊の立場をあまり明確にしておられないので、支援したいのですが判断に迷っています。
たとえば、9条改憲派が「新党憲法9条」に以下のような主張をしてきたとします。
 
(1)9条は自衛のための戦力は禁止しておらず、自衛隊は合憲とすべき。ただ現在の条文では、そうではないようにも読めてしまう。だからこそ自衛隊の立場を明確にした条文への改憲が必要。
 
(2)国連の平和維持軍の一員としてなら、国際社会への貢献上、自衛隊を海外派遣しても問題はない。しかし自衛隊が、国内で軍隊と認められていないがゆえ、軍事・軍法会議を持てず、万一の場合、自衛隊員が殺人犯として裁かれることになりかねない。そんなことが起こる前に9条を改憲し、法整備すべき。
 
(3)9条の精神にのっとれば、自衛隊は自衛のための必要最小限の規模とすべきであり、在日米軍を含む日米安保体制を維持せざるをえない。仮に在日米軍の規模を縮小するのであれば、自衛隊の規模拡大が必要であり、これは9条の精神に反する。
 
残念ながらこれらの主張に対し「新党憲法9条」がどう反論するのか私には見えてきません。自衛隊を合憲、違憲どちらにとらえるのかすら見えてこないのです。
 
「新党憲法9条」を標榜し、9条護憲をほぼ唯一の公約とする以上、これらの主張に対する考え方や、少なくとも9条における自衛隊の立場を、党の考え方として示すべきではないでしょうか。
もちろん細かい主義主張にこだわらず、広く支持を得る政党にしたいという考え方もあるでしょう。その場合は、どこまでの主義主張を許すのかを示すべきだと思うのです。
 
このへん、天木様はどのようにお考えでしょうか。お手数でなければ、お教えいただければ幸いです。
Sent: Sunday, October 30, 2016 11:19 AM
Subject: 新党憲法9条 "おめでとうございます!"
差出人: K.O
題名: おめでとうございます!
メッセージ本文:
とうとうこの日が来たのですね!
ブログを勝手ながら心ある友人、知人に転送させていただき、素晴らしい志を知ってもらうようつとめてきました。人の心を持たないアベにまさにいいようにされている日本で、この第一歩を踏み出した新党憲法9条・天木さんに万感の思いを込めて(後期高齢者になってしまい、これしかできませんが)1万円を明日10月31日UFJ銀行にカンパさせていただきます。一緒にがんばりましょう!!(目黒)
Sent: Saturday, October 29, 2016 11:26 PM
Subject: 新党憲法9条 "いよいよですね!"
差出人: I.D
題名: いよいよですね!
メッセージ本文:
待ちに待った、新党憲法9条結党。
あえておめでとうございますとは言いません。
私たちが育てていかなければいけないと思っているからです。
微力ですが、私も力になれるように努めます。
Sent: Saturday, October 29, 2016 6:47 PM
Subject: 新党憲法9条 "やっときました。"
差出人: K.K
題名: やっときました。
メッセージ本文:
やっときましたね。この日が。大いに期待します。いつも自分にできる事は何かと考えています。大した事はできませんが精一杯応援させてもらい、少しずつでも広げていきたいと思います。ワクワクしますね!
Sent: Saturday, October 29, 2016 4:13 PM
Subject: 新党憲法9条 "遂に船出! お祝いと共に、ガンバレを送ります"
差出人: S.F
題名: 遂に船出! お祝いと共に、ガンバレを送ります
メッセージ本文:
多くの困難・苦難をご覚悟なさりつつも、止むに止まれぬ思いからの、天木様のお気持ちを想像しつつ、心からの応援の気持ちをお送りします。
ホンのささやかな寸志を心を込めてお送りしましたが、振込口座のご案内中に支店番号のみで支店名の無いのは、実際の(ネットからの)振込時には店名検索を強いられましたので、いささか面倒でした。 ゴメンナサイ。
Sent: Saturday, October 29, 2016 11:06 AM
Subject: 新党憲法9条 "結党に感謝です"
差出人: F.N
題名: 結党に感謝です
メッセージ本文:
ありとあらゆることを考え、削られたりして、練りにねったうえで、ついに至純至高のインタネット政党新党憲法9条を立ち上げていただきありがとうございます。未来への希望と、少しでも共に協力できる器ができたことをたいへん喜んでいます。
Sent: Saturday, October 29, 2016 7:20 AM
Subject: 新党憲法9条 "応援します。"
差出人: T.N
題名: 応援します。
メッセージ本文:
新党憲法9条のHPを読みながら、なぜかしら涙が出てきました。このときを待っていました。応援します。是非とも日本、世界のために頑張ってください。
少ないですが、寄付を致します。
Sent: Saturday, October 29, 2016 5:44 AM
Subject: 新党憲法9条 "待望"
差出人: T.Y
題名: 待望
メッセージ本文:
待ち望んでいました。身が震えます。