新党憲法9条

憲法9条それは希望

手をつけられないほど悪化した日韓関係の前途多難

 トランプ大統領のアジア歴訪を境に日韓関係が一気に悪化しつつある。

 その理由は、トランプ大統領の歓迎宴に文在寅大統領が独島エビを出し、トランプ大統領との会談に際し、元従軍慰安婦を引き合わせたからだ。

 領土問題と歴史認識という日韓間の最大の懸案を米国大統領歓迎の場で提起したのだ。

 加えて韓中が急接近し、安倍訪中の実現よりはやく、文在寅大統領の訪中が決まった。

 そして何といっても、米国がオファーした日米韓三か国合同軍事演習を、文在寅大統領が日本と一緒は嫌だと拒否したことだ。

 その結果、米韓と日米の軍事演習が別々に行われるという異例な事態になった。

 北朝鮮の危機を前にしながら日米韓の結束が韓国によって崩れ去った。

 これほど衝撃的なことはない。

 さすがの日本国民も、韓国に対する反発一色だ。

 安倍首相の対韓外交は、もはやどこから手をつけていいかわからないほど前途多難である(了)

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「トランプ大統領のアジア歴訪を境に日韓関係が一気に悪化しつつある。 その理由は、トランプ大統領の歓迎宴に文在寅大統領が独島エビを出し、トランプ大統領との会談に際し、元従軍慰安婦を引き合わせたからだ。領土問題と歴史認識という日韓間の最大の懸案を米国大統領歓迎の場で提起したのだ」
    と有りますが、私は、この考えは天木氏と全く異なります。日韓関係悪化の理由は日本側にあり、以前から悪い状態が常態化しており、悪い状態が自然であると思います。韓国のトランプ氏との会談の状況は日本の歴史認識への怒りを表現したに過ぎないと思います。又、北朝鮮に対する、韓国の立場(先端が開けば壊滅的な被害を韓国が被る事)を返り見ないアベの無責任な挑発発言に対する韓国の怒りの意思表明であり、韓国が今のお互いの状況下で友好関係など韓国が進んで求める必要も全く考えていない事の証拠と考える。また中国もしかりである。もう既に中国や韓国が彼らの国家の誇りを捨てて、中国や韓国は経済的には後進国でした。従って、以前には、人権無視の多くの虐殺等被害を受けた、日本からの援助(これ等の援助は援助とは名ばかりで援助の額の5パーセントは日本の政治家へのリベートに支払われていたのが現実と当時日本でも問題になっていました。韓国人は日本の政治家の金儲けに付き合わされた援助、従って韓国人は今でも、真の援助とは考えていなかったと思います)を黙って我慢して受けたがしかし、今は、40,50年前の時代で有りません。中国も韓国も経済成長し、歴史認識も全く異なり日本は重大な加害に対しても口先だけの謝罪(アベの得意な日本国民に対する嘘と分かるような嘘をつき)真の謝罪を行わない、中国や韓国は自国の歴史認識まで変更し、日本に媚を売ってまで、日本と友好関係など保つ必要は無くなったのであろう。従って、日韓友好関係を悪化させているのは、日本であり韓国ではないと考える。
    トランプに対する韓国は文在寅大統領は独立国として対応したと考えます。
    それと比較しトランプに米軍専用の横田基地の裏口から入られてそれを、トランプとの強い結びつきと思うのか、アベは、のこのこと、トランプを迎える、トランプの北朝鮮への対応に従い、当然、韓国の立場を考慮もせずに。煽り、日本は米国の属国として対応したと考えます。
    以上

コメントは承認後に公開されます

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

2019 06 23 新党「オリーブの木」キックオフミーティング 共同代表 天木直人